仕事で必要なコミュニケーション4つのステップ

仕事/自己啓発
こんな人に読んで欲しい
・仕事で部下を持つことになった人
・初めて指導する立場でどうしていいか分からない人
・コミュニケーションの基礎を学びたい人

Step1:コミュニケーションの理解

コミュニケーションの目的は、組織のチームワークを築き目標を達成するために存在します。

コミュニケーションには技術が必要になります。

もともと持った人間性や得意、不得意はあるかもしれません。

しかし、経験や慣れ、鍛錬によって修得していく事が可能ですから、

今コミュニケーションを取ることに苦手意識を持っていたとしてもこれからお伝えする事をマスターしていく事によって、現状を変えられることができるようになりますから一緒に取得していきましょう。

仕事においてのコミュニケーションは、チームワークを築き、目標を達成させる為に行います。

逆に目標を達成させるためには、人間関係の構築のためにコミュニケーションと課題解決のためのコミュニケーションは必要です。

Successful business team talking in conference room

Step:2コミュニケーションの理解2

目は口ほどにモノを言う。

コミュニケーションには、話の内容、話し方、ボディランゲージの3つの方法があります。

話の内容よりも、態度や姿勢、身振りなど、ボディランゲージの方がより相手に与える影響が大きい事を理解しましょう。

メラビアンの法則

アメリカの心理学者、アルバート・メラビアンが調査結果から結論付いた法則で、相手と接する場合、話の内容よりも話し方やボディランゲージの方が相手に与える印象が強いという事を発表しています。

下記の記事にメラビアンの法則に関する事が掛かれているので、参考にしてみて下さい。

スピーチを失敗しない為の自己啓発3選

相手に与える印象の割合

ボディランゲージ55%(態度、姿勢、身振り、表情、外見、服装、視線)

話し方38%(声、ボリューム、高低、調子)

話の内容7%(言葉)

Abstract high tech eye concept

Step:3 聴く

聴き上手は話し上手

”聞く”と”聴く”は違います。

”聞く”とは、音が耳に入ってくる状態で、音に対する自分の態度は消極的です。

一方で”聴く”は、音や声に対して自分から積極的に注意深く関わろうという意識が働いています。相手が心を開いてあなたと対話をするために、相手の心を”聴こう”という姿勢で臨むようにしましょう。

集中する

言葉だけでなく、表情・視線・姿勢等の態度やしぐさにも注意を払い、体全体で聴きましょう。

相槌を打つ

相手の話に強い関心を持ち、注意深く聞いている事を印象づけましょう。

復唱する

正しく理解したことを伝えるために、相手の話を自分の言葉で伝えましょう。

くみ取る

藩士の内容だけでなく、相手がどういう気持ちでいるかを察しましょう。

話を聴くときのチェックポイント あなたはやっていませんか??

□相手の話を聴きながら、他の事をしていませんか?

□相手が言おうとしている事を聞かなくても分かると思い込み、聞き流していませんか?

□相手が話している間、頭の中で反論していませんか?

□相手の声の調子や姿勢など、言葉以外の手掛かりに気を配る事を忘れていませんか?

□相手の会話の内容とは関係ない事(格好、行動、話し方)に気を取られていませんか?

□相槌をうちながら聞き流してはいませんか?

これらの行動をとることで相手の気をそらしてしまい、効果的なコミュニケーションが取れなくなる可能性があります。日ごろから心がけていきましょう。

Group of business people collaborating in office

Step:4 面談をする

面談を通じて、部下や仲間と対話しモチベーションを上げていく。

部下との良好な関係をを構築していくためには、”対話”が重要です。

部下や仲間の見えない”心”の動きを理解する事で”やる気にさせましょう。

⓵話し合いの場の雰囲気を作る。

⓶面談の目的を明確にする。

⓷本人の話を聴いてから、面談の意図を伝える。

④日頃の感謝と期待を伝えて、背中を押す。

部下、仲間とお互いが理解し合うためには、日頃のコミュニケーションの他に定期的な面談を実施する事がオススメです。

まとまった時間を取り、面談をする事で部下、仲間から信頼を得ておくことも、仕事をスムーズに進める上で非常に重要です。

注)面談は対話をする場であり、ただ討論や議論をするだけの場ではないので、お互いに意見交換して、考えを理解し合い、共有する事が必要です。

あくまでも主役は部下なので、話し過ぎる事も要注意です。

スーツと私服の男性 サラリーマンとフリーランサー

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。