仕事の成果を劇的に変えて行く、目標設定の考え方

仕事/自己啓発

仕事の成果を出すための目標の立て方とは?

あなたは、今成果が出なくて悩んでいますか?

もちろん誰もが成果を求めて仕事をしており、逆に成果のない仕事というのは考え方によっては、仕事として成立していないのかもしれません。

では成果が出ない人は、何がいけないのでしょうか?

そんなあなたの悩みを解決すべく、読み進めていただけたらきっと解決のヒントになっているでしょう。

こんな人に読んで欲しい

・成果が出来なくて何をすればよいか悩んでいる人
・成果を出すために、どういった考え方をすればよいか悩んでいる人
・成果が出ずに心が折れそうな人

成果を上げには習慣を味方につけよう

成果をあげる人に共通するものは、つまるところ成果をあげる能力だけである。
成果をあげることは一つの習慣である。実践的な能力の集積である。
実践的な能力は修得することができる。

「経営の条件」

成果を出している人ってすごいと思いませんか?

あなたや私たちから見ている成果を出している人は、何か特別な事をしているのではないかと思ったりもします。

しかし、全ては習慣化から成果が産まれます。

そんな事か?と思いましたか?または、げっ、習慣かーと思いましたか?

そんなあなたも大丈夫!!

「成果をあげる能力」は修得できます。

それは希望の持てる話ではありますが、残念ながら学校では教えてくれません。

社会に出てから、仕事での実践を通して身につけていくしかないのです。

その実践を経て身に着けていくと聞くと、何か難しいテクニックのようにも聞こえますが、そんな事はありません。

時間管理、振り返り、意識等1つ1つの事で難しい事はありません。

問題は、「行動」です。多くの挫折がここで生まれます。

最大の原因は、その必要性を真に理解していないことでしょう。それゆえ心の底から納得できず、行動に移せないのです。

また、行動に移したとしても、長続きさせることはさらに難しい。

納得を心に刻んだ状態を維持できず、三日坊主が世にあふれることになります。

行動だけを変えることは不可能です。

まずは思考を変え、納得したうえで、行動を変える。

そのサイクルを繰り返すうちに、頭で考えなくても無意識 に行動できるようになります。

それが習慣化された状態なのです。

成果を出したいなら、優先順位を決めよう

「成果をあげる能力」とは、いくつかの能力が集まった総合的な力です。
一つの習慣を増やしていけば、いつしか必ず大きな成果に結びつきます。 第一に身につけるべき習慣は、なされるべきことを考えることである。何をしたいかではないことに留意してほしい。

「経営の条件」

「組織に属する知識労働者は、組織への貢献を通して社会的役割を果たすことを期待されています。

その使命を無視して、自分のしたいことを優先させるのは本末転倒です。

そこで、成果を上げるために優先順位を<must-can-will>で考えます。

まず「must=なされるべきこと」、次に「can=できること」、最後に「will=やりたいこと」を考えます。

しかし、「must=なされるべきこと」 は、「can=できること」に制約されます。

ですから、「can=できること」 を着実に増やし、「must=なされるべきこと」の範囲を広げていかなければなりません。

「将来的に期待されるであろう「なされるべきこと」を意識すると、いま不足している能力が見えてきます。一つ階段を上ったら、再び足りないところを見つけて鍛える、その繰り返しが自分自身と組織を成長させていきます。

組織で働いていた場合、重要なのは自分と組織の「やりたいこと」を一致させていく事です。そうすれば最高の成果を期待できます。

決してこの順番を間違ってはいけません。

もし、「must=なされるべきこと」と、「can=できること」「will=やりたいこと」がまったく異なるのであれば、とるべき行動はただ一つ、その組織を去ることです。

能力や意欲の問題ではなく、その組織で求められる貢献の形と合っていなかったということです。

「年月を無駄に費やさないためにも、日々の仕事を〈must-can-will >で行いながら、同時に、 そこにミスマッチがないかどうかを考えていきましょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。