U-21 サッカー日本代表メンバー発表🗾 アジア大会

サッカー記事

こんにちは、tatataizo0076です。今回はこちら!!!

前置き

いよいよ8/14からインドネシアで開催されるアジア大会が始まります。

6月中旬、まだまだ記憶に新しい2018ロシアワールドカップ、日本は世界に強烈なインパクトを残すことがで

きた。

しかし、それは必ずしも勝利という喜ばしいインパクトだけではなく、決勝トーナメント1回戦では、ベルギ

ー代表に対してまるでドラマのような大逆転劇をプレゼントしてしまった。

しかし、前評判やその善戦はよくやった。あとちょっとだった。などともてはやされている。

ちょっと待ってほしい!!!

本当にそれでよいのだろうか?本当は勝たなければいけなかった。ではないのだろうか?

時間の経過がそれをごまかして、善戦した大会!史上初まであとちょっと!となってしまっている。

これでは日本のサッカーの進歩はまた次の4年後も同じである。

いちサッカーファンからさせていただくと、歴史が変わる瞬間が見たい。

歴史が変わる瞬間に立ち会いたい。共有したい!!

そしてロシア組の日本代表はその歴史を変える過去最高のタレント軍団だった、だからこそ掴みかけた勝利を

逃したところに課題があり、この4年間で過去以上の成長を選手、監督、チーム、協会、知識、戦術、育成、

サポーター、メディア、サッカーを取り巻く環境全てがなされなければならないと思っている。

U-21 サッカー日本代表メンバー発表🗾 アジア大会

GK
小島 亨介(早稲田大学)
オビ パウエルオビンナ(流通経済大)

DF
板倉 滉(ベガルタ仙台)
立田悠悟(清水エスパルス)
原 輝綺(アルビレックス新潟)
杉岡大暉(湘南ベルマーレ)
岡崎 慎(FC東京)

MF
三好康児(北海道コンサドーレ札幌)
長沼洋一(FC岐阜)
神谷優太(愛媛FC)
三笘 薫(筑波大)
初瀬 亮(ガンバ大阪)
遠藤渓太(横浜F・マリノス)
舩木 翔(C大阪)
岩崎悠人(京都サンガF.C.)
松本泰志(サンフレッチェ広島)
渡辺皓太(東京ヴェルディ)

FW
前田大然(松本山雅FC)
旗手怜央(順天堂大)
上田綺世(法政大)

アジア大会では、選手選考の際、年齢が23歳以下であることが規定となっている。

そのため、日本代表は4年に一度のオリンピック世代のためにU-21(21歳以下)のチームを組みアジア大会に

挑んでいる。そこに3名までオーバーエイジ枠を登録招集することができる。

★オーバーエイジ枠とは、年齢以上の選手でもOKですよ。という枠

つまり、今回のU-21の選手の中に、例えば今W杯でブレイクした乾が入ったり、A代表を束ねて3度となった長谷部が入ったりすることが3名まで出来るという事だ。

客観的に見るファンは、そのほうがいいじゃないか!!とご意見を頂きますが、自分の仕事に置き換えてみる

と、同期でプロジェクトを立ち上げたら、いきなり最高学年のしかもエース的な上司がプロジェクトに参加し

て一緒に初めて行く。みたいなものだ。

だから、監督、協会はできるだけその若いチームの軸となる選達手とのフィット感や相性をイメージしながら

作っている。だから、一概にただ経験を積んでるからOK。ではないのだ。

しかし、経験値の高い選手が帯同することのメリットも図りしれない。

練習の取り組み方、試合運び、モチベーションの相乗効果、オフの過ごし方・・・

細かく数え上げたらきりがないが、21歳組の姿勢が変わることは確かだ。

終わりに

オーバーエイジの持つチーム底上げのポテンシャルは計り知れない。

が、このU-21世代が4年後のカタールワールドカップにつながっていることは間違いないので、どの選手がオ

ーバーエイジ枠で入っったとしても力と経験を合わせ、サッカー日本代表の世代交代を成功させて、アジア大

会優勝、オリンピックの最高記録、カタールワールドカップベスト8以上という歴史的快挙を成し遂げて欲しい

と思っている。

頑張れ!ニッポン

コメント

  1. […] 先日U-21サッカー日本代表メンバーが発表されました。 […]